お知らせ | 小手指駅前通り接骨院は小手指駅北口から徒歩4分

腰痛ヘルニアの接骨院での治療について

腰のヘルニアの治療は、接骨院でも行われる場合があります。ただし、接骨院での治療方法やアプローチは、個々の状況や状態によって異なる場合があります。以下に一般的な接骨院での治療アプローチを紹介しますが、実際の治療内容は診断や症状によって異なるため、柔道整復師による具体的な指示に従ってください。

  1. 評価と診断: 初回の診察では、柔道整復師が症状や経緯を詳しく聞き、身体の評価を行います。必要に応じて、病院にて画像検査(MRIやX線など)が行われることもあります。
  2. 痛みの緩和: ヘルニアによる腰の痛みを緩和するため、炎症を抑えるための処置が行われることがあります。これには、冷却療法や電気療法、超音波療法などが含まれます。
  3. 牽引療法: 牽引療法は、腰椎を引っ張ることでヘルニアの圧迫を軽減する治療法です。接骨院では、マッサージベッドや特殊な機械を使用して行われることがあります。
  4. 物理療法: 物理療法は、運動療法や体操、ストレッチなどの方法を用いて、筋力を強化し、姿勢を改善することを目的としています。これにより、腰椎の安定性を向上させ、痛みを軽減することが期待されます。
  5. カイロプラクティック療法: カイロプラクティック療法は、手技療法を中心に、脊椎の調整や関節の可動域改善を行います。これにより、神経の圧迫を軽減し、症状の改善を図ることが目的です。
  6. アドバイスと予防策: 接骨院では、腰のヘルニアの再発を予防するためのアドバイスや日常生活の指導も行われることがあります。姿勢の正しい保持や腰の負荷を軽減する方法についての情報提供が行われる場合があります。

重要なことは、腰のヘルニアの治療は個別の状況に応じて行われるべきであり、必要な治療法やアプローチは柔道整復師に相談することです。



ご予約はLINE・お電話から
お気軽にご連絡ください


3月30日までにご予約の方に限り

残り 8 名様

※定員オーバーの際はご容赦ください。
※大変好評ですぐに枠が埋まってしまいます。
ご興味ある方は空き状況をご確認いただくことをオススメします。

住 所 〒359-1141
埼玉県所沢市小手指町1-26-1
診療時間 月~金 9:00~20:00 土曜・祝日 9:00~15:00

※以下の時間帯は完全予約制で承ります
月~金20:00~22:00 土曜・祝日15:00~18:00
定休日 日曜